商品検索 商品カテゴリー おすすめ商品
モンパリお買物倶楽部プレゼント
モンパリお買物倶楽部へご来店いただき、ありがとうございます。ショップ内外から選んだプレゼントをお届けいたします。たくさんのご応募お待ちしております、サイトの感想やパリへの想いなどもあわせてお寄せください。

クリムトのポストカード
 

-------------------------------------


たくさんのご応募、メッセージをありがとうございました。

当選者は東京都の柴尾様です。おめでとうございます!

 

-------------------------------------



先月までピナコテック・パリで開催されていた展覧会「ウィーン分離派 - クリムトの時 -」も記憶に新しく、今回のプレゼントは、クリムト(1862〜1918)作品のポストカード2枚セットを1名様に。

「ジュディット I 」(1901)と、ベルギーのストックレー邸の装飾プロジェクトから「期待」(1905〜1909)の2作品です。ゴールドの装飾がキラキラと、イメージを盛り上げます。

(※展覧会のオリジナル商品ではありません)
 

Judith et Holopherne 

旧約聖書のジュディット(ユディット)記をモチーフとした油彩作品。ユディットがホロフェルネスの首を斬るシーンは、多くの画家によって題材とされていますが、なかなかショッキングな表現も多く、一方、クリムト作品では血腥い表現よりも、妖艶な女性像と豪華な装飾が眩しく、ミステリアスな雰囲気を醸し出します。


Palais Stoclet

ストックレー邸(ブリュッセル)。

ベルギーの金融家、ストックレーが発注した邸宅。オーストリアの建築家、ホフマンの設計は、20世紀初頭のアートシーンに大きな衝撃を与えました。アールヌーヴォーの時代にあって、この邸宅の直線的な外観は、20年近く後にやってくるアールデコの波を予感させます。

邸宅の食堂に施されたクリムトデザインのモザイク装飾は、そんな外観と対照的な、きらびやかでオーガニックなパワーが溢れるもの。3枚のパネルから成る作品で、「生命の樹」を中央に、右に「成就(抱擁)」=愛の形、そして左に「期待」を象徴する人物が描かれています。
 


*****

 

1900年当時のウィーンは、オーストリア=ハンガリー帝国(1867〜1918)が多様な民族から成る国家を形成、フランソワ=ジョゼフ1世(オーストリア皇帝・ハンガリー国王)に治められていました。

 

20世紀初頭、ウィーンでは「Sécession セセッシオン」と呼ばれるアールヌーヴォーからの分離派の動きが台頭しました。


セセッシオン以前のウィーンの美術界は、保守派と、少数の前衛派とに分かれていました。1897年、クリムトは他のアーティスト達とともに、保守派の動きから離れ、セセッシオンという名の新しい運動を立ち上げました。クリムトはこのムーヴメントの中心となり、偉才を発揮。ゴールドを多用した華美な装飾と表現主義が、新しい美術の基盤を築きました。

 


----------------------------------------------------------------------

 

 

締め切り2015年8月15日(土)
*抽選後、当選者は本ページ内で翌週発表いたします。

たくさんのご応募、メッセージ、ありがとうございました!


 
プレゼント・懸賞 プレゼント・懸賞

懸賞ざくざく - プレゼントがざくざく見つかる!

《モンパリお買物倶楽部》はウェブマガジン《モンパリ》http://jp.mon-paris.info/のセレクトショップです。

RSSATOM