商品検索 商品カテゴリー おすすめ商品
★「あの夏の子供たち」プレスシート(非売品)プレゼント企画・当選者発表!

たくさんの御応募ありがとうございました!

抽選の結果、

松井様(神奈川)
大浪様(東京)
橋本様(兵庫)

が当選されました。おめでとうございます。
配給クレストインターナショナルよりプレゼントのパンフレットを送付させて頂きます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






カンヌ映画祭2009 ある視点部門・審査員特別賞

あの夏の子供たち
〜パリを舞台に描く、家族の悲劇と再出発の物語〜

2010年5月29日より、恵比寿ガーデンシネマ他全国順次公開





ストーリー

人生は愛すべきもの、愉しくて美しいもの。

父は、映画プロデューサーとして精力的に働き、家に帰れば家族を愛する魅力ある人だった。
しかし不況の波の中、自ら命を絶ってしまう。残されたのは、多額の借金と未完成の映画だけ。幸せな日々が一転し、絶望の中で葛藤する母娘に訪れた新たな出発とは・・・。



*****



劇中の父親である映画プロデューサーは、パリで実際にアート系映画を牽引していた映画プロデューサー、アンベール・バルザンをモデルにしている。父親の自殺というシリアスなテーマを、光溢れる瑞々しい映像の中に潜ませた巧みな演出で魅せる、若干29歳の女性監督ミア・ハンセン=ラブ。バルザンに才能を見出されていた彼女は、2005年に彼が命を絶った後、彼が作り出した絆を映画という形に残したいと考えた。


時には自殺という道を選択してしまう人々。遺族には「私たちを残してなぜ?」という気持ちだけが残される。『あの夏の子供たち』は、その悲しみを決して声を大にしたり奇を衒うことなく、丸ごと包み込む慈愛溢れるまなざしで、それでも続いていく人生の素晴らしさを指し示してくれる。先の見えない不況下で、時に押しつぶされそうになる私たち現代人を支えてくれる珠玉の感動作。



********************* 


5月29日(土)の日本公開を記念して、プレスシート(非売品)
3名様にプレゼントいたします




パリのミニシアターマップページ



応募は締め切りました
たくさんのご応募、ありがとうございました!


締め切り:5月20日(木)
※当選者発表は、締め切り後の週末に当ページ内で行います。

※当選者のみなさまには、映画配給クレストインターナショナルよりプレゼントを発送させて頂きます


********************* 





恵比寿ガーデンシネマで前売り鑑賞券をお買い求めの方に、【“夏のガーデン”〜春蒔き種のアソート 素焼きのポット入り〜】 をプレゼントしています(数量には限りがございます)

 提供:コトリ花店



********************* 




あの夏の子供たち LE PERE DE MES ENFANTS
監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ
出演:キアラ・カゼッリ、ルイ=ドー・ド・ラングザン、アリス・ド・ランクザン 他

公式サイト: http://anonatsu.jp/ 
公式ブログ: http://natsukodo.exblog.jp/ 
2009年 /110分 /カラー /フランス /配給・宣伝:クレストインターナショナル 

RSSATOM